« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月28日 (火)

半自動扉

P3060770 P3090800 P3060794 

 
 
 
 
 
うちの猫ンズ、引き戸であれば、右開きも左開きでもドアを開けてしまいます。
冬の初め、薪ストーブを焚き始めたころ、夜にドアをかけて遊びに行く猫ンズ。開けっ放しで、冷気が吹き込み、大変寒かったので、旦那さんが一工夫。
 
P3280856引き戸に、このような金具を付け、滑車でひもを誘導し、紐の先には水を入れたペットボトル。
 そして、サッシの溝は徹底掃除の上、シリコンスプレーで滑りをよくしてあります。
 これで、いろいろ重りを試した結果、500mlペットボトルに八分ぐらいの水で、半自動ドアの出来上がり。
 
おかげで、冬中猫は外へ出ませんでした。
開けようとはしてみるのだけど、ちょっと手を放して頭を突っ込もうとすると、する~りと閉まり始めるドアにビビッてしまい、出るのをあきらめてくれました。
 
冬の間は、外は雪で白いし、人が出入りするときの風もつめたいと思ったのか、おとなしかったのですが・・・春ですね~catface
        やはり外へ出たくなったようです。( ´艸`)プププ
 
人の出入りの隙を見て、飛び出すようになりました。
以前は、それで中へ入るのに自力で開けてたんですが、入れなくなったので、玄関の見えるところで人の帰りを待つようです。
 
この間、フッサーが仕事の最後と入れ替わりに出て行ってしまい、家に帰ろうとする度に、ムクさんに吠えられるということがありました。
ちょっと懲りたのか、次の日は”出る”って言いませんでしたね。(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
 
 
猫に限らず、人間の戸締め忘れにも効くので、夏になっても多分このままです。

2017年3月23日 (木)

開いたり 閉まったり

今日、ようやく大規模林道が開きました~

いやぁ、例年、15日ごろには開くはずだったのに、連休のせいか、一週間も遅くなりましたよ。やはり、広い町の、端っこの、通行量の微妙な林道は後回しですかねー。catface
 嫌味はともかく、春が来たって感じです。
 ちょっと車で走ってみましたが、 道のわきにのこされた
雪の壁はとても低く、今年の雪はやはり少なかったのだと思いました。
 
 
先週末、来年度合併することが決まった中学校の、閉校式がありました。
長男は、在校生なので出席。私も行ってもよかったんですが、行きませんでした。
卒業生も出席して、全員で合唱を披露したそうです。
父によると、その中学校に、小板地区の中学校が合併したのは、45年位前頃だったそうです。
世代が変わって、閉校に立ち会うのもまた縁ですね。
・・・・・・長男は、これで二回目の閉校式。一回目は、幼稚園の時。小学校と併設で一緒に町の中央に合併でした。
 
春からは、新しい名前で中学校が開校です。次男の入学と同時です。
そして、来年3月には、新中学の第一期卒業生として、長男が卒業することになります。
前例通りの行事進行にはならなさそうです。がんばれ中学生!!
 

2017年3月11日 (土)

今年の箱入り

P3060767_2先月末に立て続けに生まれたチビさんたち。

生まれてすぐの頃はちょっとあったかかったのですが、一週間たたないうちに気温が下がり、二頭がこれまた立て続けに40度の発熱。
急いで、箱の中に収容と相成りました。
幸い、獣医さんを呼んだのも早く、薬がすぐ効いて一日で熱が下がりました。
今では毎日、タビさんのお乳をたっぷり飲んで暮らしています。暖かくなったら外に出ようね~・・・一昨日も30cm積もったばっかりだし、夜の放射冷却厳しいし、もう少し後。
 
今シーズンは、箱入りの子牛がいなくて済むかなーと思ったのですが。甘かった~coldsweats01
 
頃を同じくして、子供3人も順番に風邪をひきました。
インフルエンザでないのは幸いでしたが、落ち着けませんでした。
 
           それだけが、更新が遅れた訳ではないのですが~coldsweats01
 
P3060766子牛が、箱の中にいるおかげで、薪ストーブがなるべくつきっぱなしになっているので、こうして事務所にいることが多くなった猫んズ。
P3060794 
 
 
カメラのひもで遊び始めるフッサー
 
 
猫たちを抱いて、箱の中とご対面させると、ものすごく嫌がります。子牛なのにねー、やっぱり怖いらしいです。

ひとりごと・・・

今日は一日、6年前の震災と避難指示解除の話ばかり耳に入ってきます。

 
聞いていて、ふと、「自然災害によって、多くの人が地域を離れざるを得なくなり、戻るに戻れない」ことに、38豪雪(サンパチゴウセツ)を思いました。
 
くわしくは、書籍・ネットで調べられると思うのですが、自分の知っている話から。
 一か月の間雪は全く降りやまず、電線をくぐって学校へ行ったとか
 二階から出入りしたとか、
 妊婦さんがヘリコプターで緊急搬送されたとか、
 ドラム缶で食料を投下してもらったとか。
その間中の苦労話は、今でも聞くことがあります。
 
そして、その後この地域が豪雪地帯には変わりなく、
地域を離れる人が増え、
地域を守るために、集落ごと移動を検討したり、冬だけ集まる場所を用意したり、
地域ごとに、いろいろな対抗策が考えられました。
 
が、それから44年。38豪雪は今の過疎のきっかけになった出来事に一つだといわれています。集落ごと消えた地域もあります。
 
震災・原発災害をきっかけにしたコミュニティーの崩壊や、分裂を嘆く声を今日はたくさん聞きました。
これから、なにかが違えば同じ轍を踏まないで復興されるのでしょうか。
速度の差はあれ、過疎は止められないのでしょうか。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みうら牧場 商品案内

ココログの箱庭

  • 花見・夜桜
    @ニフティで参加しているSNS「ココログ広場」 そこで遊べる、インターポットというお庭と、似顔絵人形「アバター」のお部屋。 参加して一年、少し遊び方が広がってきたので、記録がてらブログにも載せてみることにしてみました。
無料ブログはココログ