« 冬景色 | トップページ | 子供たち »

2014年1月14日 (火)

とんど

昨日は成人式でしたが、とんどの日でもありました。

隣の別荘の方が、お客さんへのサービスにとんどをするのに、子供たちをつれておじゃまさせていただきました。
 
午前中の仕事を終わらせてから行ったのですが、遊びに来ている子供たちとの交流ならず。
でも、点火には間に合いませんでした。
今年年男の長男。点火の大役、やればいいのに、逃げてました。catface
 
P1131276_2このとんど、竹をふんだんに使ってあるので、とにかく音がすごいんです。
そこらじゅうに響き渡ります。
 
太い竹がはぜるときなど、とにかく大きい!
 
音を聞きながら思うことは、
「牛がさぞかし逃げ回っているだろうなー」
 
 
P1131303で、帰りに牛舎のほうを望遠で撮ってみると、案の定、牛舎の後ろの山の中に隠れている牛を発見。
 
・・・一番上の建物の横とか、上とかの黒い点々が、牛たちです。
 
 
 
 
 
P1131278_2とんどが一通り焼けるまでの間、食事が振舞われていたのですが、子供たちは、本来の目的のそり遊び。
いつもと違うコースでのそりは、また一味ちがって楽しかったそうです。
 
 
 
 
 
 
P1131290 最後に、みんなでおもち焼き。
 これみんな、主催者の方が用意してくださいました。
 
 手のひらサイズの大きいおもちで、焼くのにじっくり時間がかかりました。
 「こうして、お持ちに何もつけずにお餅を食べることってないね。」という声が聞こえてきました。
 遠赤でじっくり焼くと、表面がおせんべいみたいになって、大変おいしいのですが、つい、火がたってるところにおいちゃうんですよね。
 そんでもって、表面丸こげとかcoldsweats01
 ええ、やりましたとも。そんで、子供にそこんとこの始末をさせられました。
 
 お飾りとか、書初めとかも焼いていただきました。
 お餅も頂きましたし、今年一年、また健康で、勉学が身につきますように。happy01
 

« 冬景色 | トップページ | 子供たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何時も興味深く拝見しております。
この行事は、全国的な風習のようですね。
小生の故郷(信州:北信)では、「どんど焼き」(しめかざりを焼く)と言いますが、今まで知らなかったのですが、読者ブログで松本地区では「三九郎」と言うようです。地域によって名前が異なるのが面白いですね。
*残念ながら、小生の住んだ街中は住民が少なくなり、既にす たれたと行事のようです。
 :日本の伝統文化が徐々に消えていくのに危惧しています。
  

地域によって呼び方が変わるのが面白いよね~~
私のところではどんど焼きです。
とはいえ、私は全然そういうのに参加したことなくってsweat01
近くの神社でやっているみたいなんですけどね。
話を聞いたら、昔はお飾りを
わざわざ回収してくれていたみたいですが
今は持ち込み制のようですcoldsweats01
このお飾り、結局ゴミの日に燃えるゴミとして出しているんですけど
毎年気が引けてなかなかゴミに出せないのだ・・・
そして夏ごろにやっと捨てる・・・sweat02
来年はどんど焼きに持っていこうかなcoldsweats01

蔵王では 鶴・亀や宝船、馬を形ちどった藁を
焼きました。
地域ごとにいろいろですね。

火の粉が結構遠くまで飛ぶんですよね。
雪景色のなかだとまた風情が違いますね。

どんど焼き、
うちンとこは日曜日にやりました(^-^)ヤッタハズ。


orz お飾りを持っていくのを忘れ。。


いいですね(^^)。地域一体になっての「行事」。
焼いたお餅(コゲもまた)美味しそう♪

いつまでも残したい風習ですよね。

>能活マンさん
 ありがとうございます。おひさしぶりですhappy01
 今日はラジオを聴いていると、全国からこの話題が届いていました。
 本当に色々な名前があるのですね。「三九郎」は、初めて聞きました。ヽ(@o@)/
 実は、当方の地区も、この方が始められるまでは廃れていました。
 大きな火を扱うのですから、色々と制約もあるのかもしれませんね。
 
 
 
 
>mitsumiyaさん
 うちの地区のはイベントですが、町内の大きめの神社ではちゃんと神事で行うようで、朝刊にチラシが入っていました。
 お飾りって、やはりゴミにして出すのは気がひけますよねcoldsweats01
 神社に持っていってお焚き上げしてもらうにも遠かったりね。
 歩いていけるとこなら、お祭り参加の気分で行くと結構楽しめるかもです。happy01
 
 
 
 
>よんさん
 鶴亀、宝船!わら細工にも手間がかかりますよねー。
 藁も竹も、勢いよくいい香りをさせて燃えますよね。
 あれが厄払いにいいのですかねー。
 あまり風がなかったのですが、結構な広範囲に雪の上に点々とすすが落ちてたのも、また風情ですかねcatface
 
 
 
 
>ふぅさん
 成人の日が連休になりましたからねー、参加しやすい日にどうぞってことでしょうか。catface
 お飾りには、正月飾ってる間に稲穂をすべてスズメに食べられたことが思い出にありますね。あんなふうになると、「仕事を終えたのだなぁ」って気になれます。
 長い竹の先に挟んだお餅を、苦労しながら食べてる末坊の写真がありますが、実にいい顔していますhappy01
 

とんど焼き・・・本当に全国にあるのですね。
大阪でも・・ただ、場所の問題がありますが・・
しめ縄とか、焼きます。

ただ、我が家のは、ブログに載せたように
デザイン物のしめ飾りなので
来年のために綺麗にしてしまいました。

>ゆりあさん
 大阪だと、とんどが出来るほどの広い土地をすぐには想像しにくいですね。
 神社でのお焚き上げ神事でも、あちこち届出がいるとか言う話ですね。coldsweats01
 
 あのしめ飾りは、燃したらもったいなさすぎますよねぇ(* ̄ω ̄*)
 来年、またブログでお目見えするのを楽しみにしていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537460/58943056

この記事へのトラックバック一覧です: とんど:

« 冬景色 | トップページ | 子供たち »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

みうら牧場 商品案内

ココログの箱庭

  • 花見・夜桜
    @ニフティで参加しているSNS「ココログ広場」 そこで遊べる、インターポットというお庭と、似顔絵人形「アバター」のお部屋。 参加して一年、少し遊び方が広がってきたので、記録がてらブログにも載せてみることにしてみました。
無料ブログはココログ