« 雪の中放牧 | トップページ | クリスマスカード »

2013年12月18日 (水)

夢配達人プロジェクト

広島県では青少年育成広島県民会議が、「夢配達人プロジェクト」という、子供たちの夢を募集し、夢を実現するために、「夢配達人(「夢」の実現をサポートする達人など)」を決定し,夢の実現に向けた実施計画の作成をします。

 
それに、去年度、うちの子供の学校の子の案が採用されました。
地域の人と一緒に山に入り間伐をし,手伝ってもらって,鉛筆や遊具を作りたい
Pc171084 
何度か山に入って、木を切ったりということもしたようですが、天気が悪く、森林組合で間伐材を使った工作をしたこともありました。で、昨日はPTAで保護者も一緒にエンピツつくりをしてきました。
 
地元の製材所で、特注の刃を使ってエンピツの板を作ってもらいました。
(そこで出たオガクズは、うちの牧場で牛の寝床に使わせていただき、堆肥になって、地域の皆さんにも使っていただいています)
Pc171075 Pc171076
 
 
 
 
 
 
 
 

バリを取って、接着剤を塗って、芯を挟んで、輪ゴムで止めるまでが、今日の作業。
Pc171079 Pc171082 
 
 
 
 
 
 
 
普通のエンピツより、ちょっと太めなので、鉛筆削り器には入りません(笑)
全部で今回は2000本ほど作るそうです。
この後、飾りつけとか、メッセージを入れるとかする予定だそうです。素でもいい気もします。happy01
来年からも、この学校独自の取り組みとして、続けたいと先生がおっしゃっていました。
 
昔から、林業の盛んな地域でしたので、いい取り組みだと思います。
 
 
おまけ。
宮島のしゃもじの原木は、この地域から切り出されてきたそうです。
太田川も、ダムがない時期は水量が多く、いかだを組んで川を流して出荷していたそうです。
 

« 雪の中放牧 | トップページ | クリスマスカード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鉛筆ってはじめからあんな形をしているはずがないのに
都会の子供たちには、きっとどうしてできるのか
予想もつかないと思います。
とってもいい取り組みですね。

なんとも素敵な取り組みですね♪

鉛筆削りに入らないなら、
ついでに
小刀で鉛筆を削る練習をすればいいですね。


大人のみなさんもお疲れ様でした!

>ゆりあさん
 このプロジェクトのために、大阪からエンピツメーカーの方に工場での作り方を講演していただいたりもしました。
 そこの製品の「おがくず粘土」を使って、エンピツを作りました。
 この一年で、木やエンピツのことをたくさん勉強できたと思います。
 
 
 
 

 
>ふぅさん
 エンピツを配るときに、小刀も一緒に配ると良いね~なんて、保護者同士でしゃべってました。
 同じ事考え付きますねhappy01おもしろいcatface
 
 まだ続きもあるそうなので、たのしみです。

 

作った鉛筆 鉛筆削りに 入らないんですねcoldsweats01
 
うちの娘 デッサンする鉛筆は カッターナイフで削るみたいですよ。

そういえば、
うちの21歳息子も 小学生の頃 鉛筆をカッターナイフか何かで
削ってみよう体験みたいな 授業をやってた気がします。
 
そうそ 関係ないかもだけど
色鉛筆って 簡易鉛筆削りでは 折れてしまって削れないらしいですね。

>mitoさん
 このエンピツの芯は、3Bだそうで、デッサン向きhappy01
 ふっといエンピツで、絵を描くのも楽しそう~。
 子供にも、ナイフで削らせなきゃですね。
 
 色鉛筆、すぐ折れてだめですよね~coldsweats01
 覚えがあります。
 手作りエンピツの、色鉛筆バージョンも作りたいって、先生言っておられました。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537460/58776282

この記事へのトラックバック一覧です: 夢配達人プロジェクト:

« 雪の中放牧 | トップページ | クリスマスカード »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みうら牧場 商品案内

ココログの箱庭

  • 花見・夜桜
    @ニフティで参加しているSNS「ココログ広場」 そこで遊べる、インターポットというお庭と、似顔絵人形「アバター」のお部屋。 参加して一年、少し遊び方が広がってきたので、記録がてらブログにも載せてみることにしてみました。
無料ブログはココログ