« 脱走 | トップページ | 待ちかねたァ! »

2013年5月15日 (水)

5月の風景(たんぼ日記)

Dsc09578隣家のたんぼに稲が植えられました。

同じ町内でも、低地のところよりはだいぶ遅い田植えです。
ここのSさんは、ウチの堆肥をたっぷり使って畑やたんぼをつくっておられます。
もう70歳越した方ですが、重機を使いこなし、石垣を組み、チェーンソーで木を切り倒し。うちの父も頼りにするパワフルおじさんです。
今年は、このおじさんちの田んぼをちょっと追っかけてみようと思います。・・・うちは田んぼは作ってませんので・・・coldsweats01
Dsc09567こちらは、農協の軒先のつばめ。抱卵したてのようです。
毎年ここに巣作りしますね。
私にかぎらず、写真を撮る人もよく見かけます。
ちゃんと巣立つまで、無事に育って貰いたいものです。

巣立ちといえば、うちにたくさんいるスズメの第一陣が巣立ち時期のようです。
昨日の夕方、ぎこちない動きのスズメが、納屋の中に。
納屋といっても、間口は広く、開放されているので、珍しくはないのですが、それが、まだくちばしの黄色い、ひなでした。
人が近づくと逃げるので、そのまま放っておいたら、夜、仕事に出た時には、今から作業に使うエサ箱の上で寝ていました。
も~、その姿の可愛いことhappy02heart04
でも、野生には手を出さないのがルール。
・・・邪魔には違いないので、そぉっと近づいてどいてもらいました。
幸か不幸か、春先までいた二匹の猫(右近とシッポ)は、雄のサガか、放浪のたびに出てしまい、今は危険がないので、そのままに。
そして今朝、親スズメと思われる二匹のスズメが子スズメの周りを飛び交っていました。
happy01ちゃんと飛べるようになれよーhappy01

« 脱走 | トップページ | 待ちかねたァ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

catface 子供(小学2年くらい)の頃、電柱の下でスズメのひなを拾ったことがあります。
まだ産毛で。。ぶるぶる震える姿を放っておけずに家に連れて帰りました。
手で温かくなったのか家に着いた時にはすやすやと寝ていました。
新聞紙をちぎって巣(?)を作り、ボクは餌を捕まえに。。。
『お腹が空いた~!』と鳴くので、餌を口元に運びますが一向に食べません。他の餌に変えてもダメ。。
困ったボクは親スズメの鳴き真似をしながら餌を近づけると"パクッ"っと。。
結局飛び立つまで育てることは出来ずに、死んでしまったけど。。weep

ボクのいい思い出の1つになってます。。catface

>はにぃ♡さん
いい思い出ですね。happy01
巣立ち前に落ちた子は、親も見捨てた・・・なんて言いますが。
そういう子を育てるには技術と知恵が入りますからねー。ええ。私も何羽か拾って死なせましたthink
動物好きになるか嫌いになるかの分かれ道ってここにあるかもしれないですねcatface

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537460/57387328

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の風景(たんぼ日記):

« 脱走 | トップページ | 待ちかねたァ! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みうら牧場 商品案内

ココログの箱庭

  • 花見・夜桜
    @ニフティで参加しているSNS「ココログ広場」 そこで遊べる、インターポットというお庭と、似顔絵人形「アバター」のお部屋。 参加して一年、少し遊び方が広がってきたので、記録がてらブログにも載せてみることにしてみました。
無料ブログはココログ