« 雨と雪 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2012年12月25日 (火)

クリスマス寒波

Dsc09109

Dsc09120

Dsc09112

Dsc09115

Dsc09113
きました。クリスマス寒波。
積雪は50cmを超え、除雪前は膝まである雪をラッセルして、牛の様子を見たり、除雪機械までたどり着いたり。
ドラム缶横半切りで作ったエサ箱は、高さ30cm程。完全に雪の下です。風が撫でていくので、わずかにしかでこぼこしていないあとを頼りに、掘り起こし、中の雪を落としてから餌を入れていきます。
ちょうど昨日は、ロールを入れる日だったので、しっかり食べられていた模様。
寒い日はしっかり食べてねーhappy01

今日はそうでもないけど、昨日は、全部の牛がつららを下げて歩いていました。(写真2・3枚目)
昨日の気温は終日ー5度ほど。今朝はー1度位でした。
今降っているのは、さらさらの粉雪です。風が吹く度、舞い上がって視界が閉ざされます。

こんなに急に冷える日は怖い・・・と書いてきましたが、その怖いことが起きてしまいました。
上の牛達を見に行った折に、横向きに伸びた牛の足。
・・・一頭、死んでいました。
周りに牛達が集まり、気にしていたので、何かに驚いて大騒ぎして死んだのでは無いようでした。
まだ4歳の若い牛で、子牛は大きくなっていましたが、新しい命は腹の中にない子でした。
急な寒さから、心不全を起こしたり・ということも考えられなくはありません。が、今はBSE検査が優先されるので、解剖して死因を確認することは出来ません。
すでに、検査をしてもらうための施設へ、雪の中持って行っています。

こういう、雪の中の事故や、低温化で飼育する故にエサが舎飼より多く要ったりすることを、経営上の無駄という意見もあります。
それでも、この飼い方で、育てていきたいと思っています。

« 雨と雪 | トップページ | あけましておめでとうございます »

作業日誌」カテゴリの記事

コメント

ブログ拝読しています。小生学生時の夏に一度長野の飯綱山麓の乳牛牧場ですが体験した事がありましたが、大変な作業でとてもつらい仕事だと感じました。
冬はさらに飼育にはご苦労されることと思っています。
何かと大変でしょうが、これからも良い牛の飼育に頑張ってください。ブログを楽しみにしています。

>脳活マンさん
コメント有難うございます。
いろいろありますが、「大変な仕事」はどんなことでも変わりはないし、自分には向いていると思います。
楽しい事・嬉しいことをネタに、辛いこと・苦しいことは糧にしていきたいと思います。happy01
これからもよろしくおねがいします。

お邪魔しまーす(◎´∀`)ノ

牛さんの毛が・・・凍ってる!!ひぃっ!
たくましい牛さんを見させてもらうと、自分の甘えを
恥ずかしく思いますね。

真っ白の雪の中にいる黒い牛。
とても自然で、とてもいい風景だと思いました。(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537460/56390615

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス寒波:

« 雨と雪 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みうら牧場 商品案内

ココログの箱庭

  • 花見・夜桜
    @ニフティで参加しているSNS「ココログ広場」 そこで遊べる、インターポットというお庭と、似顔絵人形「アバター」のお部屋。 参加して一年、少し遊び方が広がってきたので、記録がてらブログにも載せてみることにしてみました。
無料ブログはココログ