« 冬支度 | トップページ | 初雪 »

2012年11月14日 (水)

給食に地元の牛肉を

「うちにお肉を還元したので、寄付しますから給食で使ってもらえませんか」
と、思いつきを息子の小学校校長先生に話したのが一番最初。
献立や、ほかの材料の仕入れとかの都合があるので、話をした次の月に給食に盛り込んでいただいたのが、先月11日。ビーフシチューになりました。
お礼のお手紙には、大きな給食鍋にルーから作ってお肉をじっくり煮込んでいる写真を載せてありました。
丁度その日は、三校合同牧場見学の日。給食でお肉が出る話が、子どもたちの口にも登りました。
子供達の話っぷりを聞いて、その日給食に出なかったT小学校・K小学校の合同調理場に話をとおしてもらい、月初めに献立が決まり、昨日お肉を届けて参りました。
実際にメニューになるのは、明日15日の話。

Photo

お肉を届けたおり、前に見られなかったT小の子どもたちの絵を見せていただきました。
第一声は「かーわいーい!」の一声につきますね。
角を気に入って持って帰った子の絵には、角に青い色がついていました。角のシワシワもちゃんと描いてありました。
パンダみたいな牛を描いた子には、牛の目がとにかく大きく見えたのでしょう。牛の方も子ども達をじぃっと観察していましたから。
みんな、よーくよーく牛を見てくれたんですね。happy01heart04

帰り際、休憩時間だったので子どもたちと話すことができました。
「給食のお肉を持ってきたよー。みんな食べてねー」というと、
「楽しみー!」という声の一方、「かわいそう~」の声も。

「かわいそう~」といっても、美味しく食べてもらえるのでしょ?と思っていたのですが、じかに聞いてるうちに、少し考えが変わりました。
この「かわいそう~」が、生きている牛と、料理された牛肉がつながった一歩なんだな・と。
生きていた牛が、この間絵に書いた牛が、お肉になるため死んだのだな・という理解につながった一歩なんだな・と。
それを食べる食べないはまた別の話・なのは、それでいいのだと思います。
生きている間は生き物らしく生きていけるように、肉になったら美味しく食べてもらえるように、日々育てているのが、私達なのですから。


« 冬支度 | トップページ | 初雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あなたの好きな商店
最近は天気がだんだん涼しくなりますね。皆さんが自身のことを注意下さい。風邪を引く
ことができないでしょう。
当店はス.ー.パー.コ.ピ.ー激安店です。世界有名のコーピ品を販売します。正規品と同等品質
で造られている為、高級感が感じられます。超低価の腕時計を提供して、広大な顧客の好
きの気持ちを満足られました。品質は絶対の自信が御座います。
財布、腕時計。バッグ。鞄もございます。興味があれば、是非ご覧になっております。
宣しくお願いします。
http://www.clcmall.com

お子さんたちが、食事の前の「いただきます!」の
言葉の意味に気づいてくれるといいですね ^^

お邪魔します。^^)

とても興味深いお話でした。
子豚を小学校で育てて、肉として食べる・・・という
映画を思い出しました。
「命」が「命」に繋がっていく大切さを考えることって
大人でも忘れがちです。

少しでも小学生さんたちが、考えてくれるといいですね。

>YUKIさん
コメント有難うございました。
食材に対する「いただきます」もそうですが、
料理をしてくれた人に対する「ごちそうさま」も、そうですね。

食育・なんて言いますが、ちょっと気づくきっかけになるといいですね。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537460/56110663

この記事へのトラックバック一覧です: 給食に地元の牛肉を:

« 冬支度 | トップページ | 初雪 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みうら牧場 商品案内

ココログの箱庭

  • 花見・夜桜
    @ニフティで参加しているSNS「ココログ広場」 そこで遊べる、インターポットというお庭と、似顔絵人形「アバター」のお部屋。 参加して一年、少し遊び方が広がってきたので、記録がてらブログにも載せてみることにしてみました。
無料ブログはココログ