« 季節外れの雪 | トップページ | 予防注射月間開始 »

2011年4月23日 (土)

削蹄


平成19年12月生まれ、3歳半の乳牛、しろくろさん。生まれての初めて削蹄経験。
日々、仔牛と人間のために牛乳を出してくれています。

3

が、広めの牛房にいる事で、飼い主がうっかり(?bearing)爪のことを気にしていなかったばかりに、スリッパなんて生易しいほどに、のびきってしまっていました。
さすがに「これはやばい」ということで、削蹄師さんを頼むことに。

忙しい合間を縫って、飛び入りの、飛び地的我が家へ削蹄師のSさんが、お弟子さんを伴ってやってきてくださいました。

長く伸びた爪ではありましたが、おがくずの上で伸びていたせいか、柔らかく、お二人の手の中でさくさくと薄く削れていきました。
お弟子さんが前肢、Sさんが後肢を担当して、ほぼ同時進行で先を切って、裏を削って、周りの形を整えて。
見る間にきれいな小さな爪に。happy01

4


さすがに、よそでの作業よりは時間がかかったらしく、私たちにはあっという間でしたが、Sさん、「やっとおわったcoldsweats02」と息をついておられました。

最初は、いつもと違う保定をされて戸惑っていたシロクロさんでしたが、勝手が判るとしじゅうおとなしくしていました。
四肢がおわると、足のバランスが変わったのか、しばらくプルプル震えるさまはかわいらしくもあり、今まで悪かったなぁと思いもし。
しばらくして覗いたら、綺麗に足をたたんで箱座りしていたのですが、久々にみる気がしました。爪一つで寝姿も変わるものなんですねぇ。

普通の繁殖牛であれば、一年に一度は削蹄するとか。
うちは、年中放牧状態なので、余程のことがないと爪が伸びることはないのですが、シロクロはよほど歩かせていなかったのですね。今年は、しっかり外で運動させましょう。smile


« 季節外れの雪 | トップページ | 予防注射月間開始 »

作業日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537460/51499495

この記事へのトラックバック一覧です: 削蹄:

« 季節外れの雪 | トップページ | 予防注射月間開始 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みうら牧場 商品案内

ココログの箱庭

  • 花見・夜桜
    @ニフティで参加しているSNS「ココログ広場」 そこで遊べる、インターポットというお庭と、似顔絵人形「アバター」のお部屋。 参加して一年、少し遊び方が広がってきたので、記録がてらブログにも載せてみることにしてみました。
無料ブログはココログ