« 枝肉研究会 | トップページ | 初霜初氷 »

43年間の過疎地医療に幕【中国新聞より】

43年間の過疎地医療に幕(22年10月28日 中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201010280040.html

この記事のお医者さんは、ウチから車で30分、町内の病院より近い診療所の先生。
うちの旦那や兄弟も小さい頃からお世話になったそうだ。
この地域の内科・小児科として、たくさんの人がお世話になりました。

うちの次男が3歳の時、この先生が機器もつかわず虫垂炎を診断し、浜田の病院へ搬送してくださったおかげで事なきを得ました。(他、二回の入院も先生の判断でした)
それだけでなく、うちの子3人とも、乳児検診でお世話になり、熱が出ればよく駆け込みました。

今、この診療所を支えている先生お二方は、この先生を尊敬し、この地域へ入ってくださったと聞いています。

感謝してもしきれない先生です。
この後はというと、中学生に勉強を教える私塾をボランティアで開かれるとか。
まだまだげんきで、いつまでもご活躍下さい。

« 枝肉研究会 | トップページ | 初霜初氷 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 43年間の過疎地医療に幕【中国新聞より】:

« 枝肉研究会 | トップページ | 初霜初氷 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ポチッと
    ポチッとよろしく!
  • 500色のカレンダー

ポチッと

みうら牧場 商品案内

ココログの箱庭

  • 花見・夜桜
    @ニフティで参加しているSNS「ココログ広場」 そこで遊べる、インターポットというお庭と、似顔絵人形「アバター」のお部屋。 参加して一年、少し遊び方が広がってきたので、記録がてらブログにも載せてみることにしてみました。