« 来訪者 | トップページ | とっさのときに »

2009年6月18日 (木)

牧草と雑草

梅雨の合間の晴れ間と言うより、空梅雨のように雨が降りません。
周りの農家の方から聞こえてくるのは、水が足りないお話ばかり。
ここも、もう少し降ってくれないと、取水制限がかかるかもです。

そんな晴れ間は、うちにとってはラッキーでもあるのです。
梅雨前に少しでも草の刈り取りができれば、冬用の貯蔵ががそれだけ増えると言うものです。
そして毎日、天気予報とにらめっこしながら、一枚・また一枚と草を刈り、干して丸めてラップでくるんでいくのです。
・・・これまた仕事中にカメラを持っていかないので、写真はまたの機会に・・・

いつぞや、農機のセールスの方に聞かれました。
「牧草と雑草って、どう違うんですか?」

即答できたのは、「収量と嗜好性の違い」だけだったんですが、よく話を聞いたりするとそれだけではないようです。
牧草の種のカタログによく出てくる言葉は、それ以外に
倒れにくい」:草刈り機の刃が、地面より10cmほど上のため、倒れると刈れないので無駄になる
乾きやすい」:乾草・ロールベールにしやすい。取り扱いが楽になる
暑さ・寒さ・霜・雪に強い(枯れにくい)」:立ち枯れた草は、収量が望めません。
再生が早い」:1シーズンにたくさん刈れる=収量が望める
病気に強い
やはり、経済性のこともあるので、良く品種改良されていると思います。

育て方も、毎年耕起して種をまく方法や、うちのように種をつけるまで成長させてから草を刈って、わざと種を落とさせる方法や、いろいろあるようです。
牛のことだけでなく、こういうことも勉強の種です。

« 来訪者 | トップページ | とっさのときに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537460/45373992

この記事へのトラックバック一覧です: 牧草と雑草:

« 来訪者 | トップページ | とっさのときに »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みうら牧場 商品案内

ココログの箱庭

  • 花見・夜桜
    @ニフティで参加しているSNS「ココログ広場」 そこで遊べる、インターポットというお庭と、似顔絵人形「アバター」のお部屋。 参加して一年、少し遊び方が広がってきたので、記録がてらブログにも載せてみることにしてみました。
無料ブログはココログ